Japanese

ストレスマーク・バイオサイエンス(StressMarq Biosciences Inc.)は、カナダのビクトリアにあるバイオテクノロジー企業で、研究目的での試薬とキットを専門に扱います。有効性の高い試薬を、民間および一般のクライアントに販売する、強固な国際的ディストリビュータのネットワークを通して、世界40カ国以上でご利用いただいています。

メチル化やアセチル化部分向け、抗体特定での翻訳後修飾(PTM) をはじめとする、他の分野もありますが、専門の核となっているのは、細胞ストレスおよびイオン・チャネル、そして トランスポーター 研究の2つの分野です。 細胞ストレスの分野自体、ストレスマーク・バイオサイエンスが世界のリーダーである、熱ショックタンパク質 (Hsp)を焦点の核としていますが、酸化ストレスセクターにも取り組んでいます。これらの分野に取り組む、 – 抗体、タンパク質、ELISA キット、小分子の、4 つの異なる製品ラインの提供で、極めて優れた企業です。

これら4つの全てを捉えることで、研究者は自分たちの研究に必要な試薬ツール全体にアクセスできます。そして、これらの取扱製品で熱ショックタンパク質 70 と90 (Hsp70 とHsp90) に重点を置くことができます。 ELISA キット、阻害剤、タンパク質 (適宜、低エンドトキシンと評価される製剤よりも、エンドトキシンを除去した製剤など)がその一例。関心の高いこれら二つをターゲットにした、世界で最も高く認証を受けた抗体です。

試薬認証の品質において、ストレスマークは通常、最高レベル。ウェスタンブロッティング (WB) から免疫沈降、免疫組織化学 (IHC) や免疫細胞化学 (ICC)などの組織染色技術までの技術で、当社が定義するとおり機能。研究者はこのことを知っていますので、抗体製品を安心して使うことができます。

8OHdG (DNAダメージ) ELISA キットをはじめとする酸化 ストレス製品もご利用ください。組織におけるターゲット可視化がさらに重要な、免疫組織化学などの非定量的技術向けに、この分野で専門的な抗体も揃えています。継続的な研究努力に対してもこれらのツールをお届けするとともに、関心のある新しい生物学上のターゲットに対する、新しい、最先端の研究ツールもご用意しています。世界で唯一利用できるαクリスタリンELISAキット (乳がんの腫瘍マーカーとして現在認識されています) やヒートショック関連因子70 (Hsc70) ELISA キットもどうぞ。 当社の専門分野はイオン・チャネルやトランスポーターをターゲットにする抗体や小分子の、比較的新しい分野にまで拡大。前者ではNav、Cav、TRP、Kv、KCNQ、HCN 、後者でEnaC、NCC、 NKCC2およびアクアポリンなどです。

サイトは全て英語です。連絡も英語でお願いします。

ここをクリックしてください!